主務ブログ2018 2008/10

<<前へ
rss

「関京戦~ガチンコ勝負」TE垣内洋輔

投稿日時:2008/10/31(金) 11:17

 伝統の関京戦までとうとう残り2日となりました。京大戦の怖さを払拭するべくチーム一丸となって練習に励んでいます。今回はTE垣内に、京大に対する想い、自分にとっての京大戦について話してもらいます。

=========================
 こんにちは。2年生TEの垣内洋輔です。いよいよ伝統の関京戦が始まります。歴史ある戦いにチーム全体なにが何でも勝ってやろうという雰囲気で毎日の練習に取り組んでいます。試合をイメージするため京大の試合のビデオを見ていますが、京大はえげつないチームです。一撃で相手を沈めるようなタックル、最後の最後まで押し続けるブロック。そんな相手と試合をする怖さというのをチーム全体で感じています。
 秋のリーグ戦が始まり、私は何度もミスをし続けていました。幸いチームは勝利したものの、今度の試合を含め残りの試合は1つのミスでチームのモメンタムがもっていかれ、即負けにつながってしまいます。2004年京大に敗れた時も関学のミスから逆転されてしまいました。その試合をビデオで見て、1つのミスの恐ろしさを痛感させられました。2年生だからミスをしてもいいということはありません。私自身も主将の早川さんや鳥内監督がおっしゃっている「フィールドに立っている人間がファイターズを背負ってやらなければいけない」ということを意識し、自分のミス1つでチームを負けに導いてしまうという責任を感じながら毎日練習をしています。試合まで残り時間は少ないですが、最大の準備をしたいと思います。
 私たちにとって関京戦とは「ガチンコ勝負」であると思います。気持ちで負けているようでは試合に勝てるはずがありません。私も1プレー1プレー目の前の相手を倒し、絶対勝つんやという気持ちで臨みたいと思います。
=========================

「覚悟を決めて」DB善元将太

投稿日時:2008/10/28(火) 07:06

 リーグ戦も残すところ、3試合となり、チーム内には高い緊張感が漂っています。今回、DB善元に2年生という立場でどんな思いで今シーズンに臨んでいるかについて語ってもらいます。

=========================
 こんにちは。2年生DBの善元将太です。私が2年生として一番努力していることは、気持ちの面では4年生に負けないということです。技術や筋力は敵わなくても、対戦相手のビデオを見ることや、アサイメントを理解することなどは個人の努力次第でどうにでもなります。もちろん対戦相手のビデオを見ることや、アサイメントを理解することなどは、試合に出るメンバー全員の責任です。しかし私はスターターで試合に出させてもらっているので、その責任をより一層強く感じています。自分がやらなければ、負けに繋がるからです。去年1年生の時は必死で4年生についていき、自分のことだけを考えていましたが、今は後輩もでき、引っ張っていく立場にもなりました。そのため下級生だからといって、中途半端な取り組みは出来なくなりました。そして自分にはまだ3年、4年と丸々2年間フットボールを出来る時間が残っていますが、今年で燃え尽き、4年生と一緒に引退するくらいの覚悟でやらなければいけないと思っています。そうでなければ、スカウトチームに回ってくれている人や、毎試合一生懸命に相手を分析してくださっている人たちに失礼だと思うからです。2年生だからという甘えはこのチームでは通用しません。これからの試合は強敵ばかりなので、総力戦になると思います。全員が甘えを捨て、全員で覚悟を決め、勝ちにいきたいと思います。
=========================
«前へ

<< 2008年10月 >>

MONTUEWEDTHUFRISATSUN
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31