石井晃のKGファイターズコラム「スタンドから」

<<前へ
rss

(5)実戦こそ成長の場

投稿日時:2022/06/16(木) 07:49

 12日、王子スタジアムで行われた東大との試合は、これまで観戦したどの試合とも異なる味わいがあった。
 互いに勝利を目指して戦っているのだが、それだけではない。自分たちの日頃の取り組みが力のあるチームに通用するのか、普段の練習とは異なる相手のスピードや当たりに、どこまで対応できるのか、チーム内の意思確認は練習時と同様、スムーズに運ぶのか。
 そうした数多くの課題をそれぞれのチームが実戦で試す機会としてこの日の試合を位置づけ、一つ一つのプレーに全力を尽くしたのだと僕は受け止めている。
 もちろん、双方ともに思い通りにいかなかったことが多かっただろう。公式戦なら致命傷になるようなミスもあったし、メンバーが交代すると同時に、まったく別のチームになったような場面も数多くあった。
 けれども双方のベンチはまったく動じた様子はなく、ひたすら自分たちの課題を追求し続けた。東大のオフェンスでいえば、終始一貫して続けたオプションプレー。1990年代、強力なQBとオフェンスラインを要した京大が工夫し、ファイターズやパンサーズを圧倒したフレックスボーン体系からの攻撃を次々に展開した。
 ただし、この日の相手は悪かった。ファイターズのベンチには、京大が強力な攻撃力を誇った時代に、その対応に日夜頭を悩まし続けた指導者が何人も存在する。グラウンドでプレーする選手たちには珍しく、対応が難しいプレーであっても、ベンチの対応力は別だ。相手が仕掛けてくる攻撃をしっかりと受け止め、次々に無力化していく。
 一方、ファイターズは遠投力のあるQB鎌田がお約束のようにパスを投げる。立ち上がりからWR糸川、衣笠に連続してミドルパスを通して陣地を進める。相手守備がパスに備えるとRB前島、澤井のランプレーを挟み、仕上げはWR河原林への19ヤードのパス。余裕でキャッチしてTD。試合が始まって2分少々、5プレー目の攻撃だった。
 驚いたのは次のシリーズ。東大最初のオフェンスは5プレー連続で同じような隊形からのランプレー。全盛期の京大が得意としてきたプレーである。最初のシリーズでそれが立て続けに決まり、ダウンを更新された時には、本当に驚いた。
 守備陣の対応で、なんとか次のシリーズを封じ込め第4ダウンはパント。これがまた素晴らしい。滞空時間も飛距離も長く、落ちてくるのを待ちかねたレシーバーがファンブルするおまけまでついた。何とか本人が確保して攻撃権を取り戻したが、観客席からも思わず驚きの声が上がった。
 けれども、能力の高いQBとWRを擁する攻撃陣は慌てない。QB鎌田が同学年のWR衣笠、鈴木へポンポンとパスを決め、仕上げは副将糸川への20ヤードのパス。福井のキックも決まって14ー0。ファイターズのパス攻撃のすごさを見せつける。
 次の東大の攻撃を4プレーで封じて迎えた次の攻撃は一転してランアタック。RB澤井、藤原が立て続けにドロープレーで陣地を進め、仕上げはRBのリーダー前島が55ヤードを走り切ってTD。まだ第一Qも終わっていないのに21ー0。
 手元のメモ帳を見てもわずか1ページの空間に赤い丸で囲んだTDとKの字がそれぞれ3箇所ずつ記されており、完全にファイターズペースで試合が進んでいることが裏付けられる。
 けれども、東大のオフェンスはひたすら似たような隊形からのランプレーを続ける。自分たちのプレーがどうすれば通るのか、どこに強みがあり、弱点があるのかとひたすら試し続けているようなプレーコール。そこには一つ一つのプレーと相手の反応をすべて映像に記録し、今後の改善につなげ、より洗練された攻撃スタイルを確立しようという執念のようなものが感じられた。東大がこの試合に求めていたものの正体が見えたようにも思えた。
 目先の成否ではなく、今後のチーム作りに資するものすべてをこの試合から吸収したいという高い目的意識。東大にとっては、それこそがこの試合に期待するすべてだったのではないか。そう考えると、さすが東大、という気持ちがふつふつとわいてきた。
 それはまた、この日の試合に出場したファイターズの諸君にとっても、大いに参考になる考え方ではないか。一つの失敗、一つの成功。相手との力比べ、臨機応変の競り合い、そしてスピード競争。そうした競り合いのすべてが成長の糧になる。高い目的意識を持って臨んだ実戦の経験は、悔しさも含め、すべてが成長のきっかけになる。
 先日、大村監督と少しばかり話した時の言葉が耳に残っている。「選手が成長するには実戦が一番。そこで悔しい思いをしてこそ、人は成長する。これからの試合にもどんどん下級生を起用して、成長のきっかけをつかませます」。春シーズンは残り少ないが、これから続くJV戦が一層、楽しみになってきた。

(4)深い縁、不思議なご縁

投稿日時:2022/06/14(火) 19:58

 12日は東大との戦い。僕にとっては初めて見る組み合わせで、どんな試合になるのかと興味津々で王子スタジアムへ出掛けた。
 いつものように場内だけのFM放送を開局されるファイターズの席に付く。ところが、この日はいつもの試合とは異なり、ビシッとスーツ姿を決めた竹田OB会長や、その前のOB会長の奥井さんらが近くのファイターズ関係者席に陣取り、その周囲にはフットボール会場では余り見掛けることのない紳士や淑女の姿も見える。その人たちが互いに親しく挨拶を交わされている。
 一体、どういうことなんだろう、と新聞記者の血が騒ぐ。目は試合前の練習を追いながら、耳は周囲の会話の断片を聞き取り、忙しいことこの上ない。おまけに、この日の放送席のゲストは、今春、大学を卒業して社会人になったばかりの元トレーナーにして今春の卒業時にはアンサングヒーロー賞を受賞された萩原楓さん。僕が非常勤講師をしていた最後のころの受講生であり、いつもしっかりした小論文を提出し、グラウンドでも気持ちよく挨拶を交わしてくれていた部員である。
 やがて、FM放送を仕切る小野ディレクターが着席されるが、普段以上に忙しそうである。周囲のOB会長らに挨拶を交わし、ご婦人たちにもあれこれと、段取りを話されている。その会話から、目の前の試合より、ハーフタイムの儀式の段取り、その後の東大関係者との懇親会の手配など、あれこれとなさねばならないことが積み重なっていることが推測され、この日の試合が二つの大学にとって特別の意味を持っていることが見えてくる。
 そう、この日の試合は、60年以上も前、東大にアメフット部が誕生した時から結ばれてきたファイターズとの縁を思い出し、その繋がりの延長上に、新たな一歩を記す親善試合でもあるのだ。
 どういうことか。
 会場での小野さんの放送を聞き、帰宅後、小野さんから送信されていたメールで確認すると、東大アメフット部の誕生には関学の関係者が大きな役割を果たしており、この日の試合は、その時の繋がりを再確認し、現代につなげるという役割を持っていたのである。
 一つは、東大にアメフット部を作ろうと都立戸山高校でタッチフットボールをしていた市川氏が声を上げたとき、マネジャーを担当させてもらいたいと名乗りを上げたのが小宮太郎氏。僕が関西学院に在学中、院長をされていた小宮孝先生のご子息であり、関学高等部でもマネジャーをされていた人である。
 小宮氏は即座にマネジャーに任命され、その帰り際、「関西学院大学のコーチの方が来年1年間、国内留学で東大に来られる。その方にコーチをお願いしてはどうですか」と提案された。その提案が採用され、その方、つまり米田満先生が東大アメフット部の草創期を支えることが決まったそうだ。
 米田先生(僕にとっては保健体育の先生であり、新聞記者としての大先輩でもある)は、こういう因縁があって東大の監督に就任、同時に研究生と言う立場を生かし、寄せ集めで発足したチームの主力選手としてもプレーされたそうだ。
 小宮院長も米田先生も、60年近く前、僕が関西学院大学に在学中は雲の上の人だった。米田先生とはその後、いろんな形でお世話になり、甲東園のご自宅にうかがったり、関学会館のロビーで長時間話し込んだりしてきたが、そんな方々の名前が次々と出てくる。そこにフットボールが取り持つ不思議な縁を感じて、この日の試合は特別の感慨があった。
 そういえば、隣で放送されている小野ディレクターも、放送の合間に「東大にアメフット部を作った市川新さんは、戸山高校の先輩であり、僕が在学中は監督をされていた方です。不思議なご縁を感じますね」と話されていた。
 不思議な縁といえば、この日の東大の攻撃を仕切ったコーチは、ファイターズで強肩のQBとして活躍された加藤翔平氏(2010年度卒。香山コーチの1年先輩である)。試合後のグラウンドで「お元気ですか、加藤翔平です」と挨拶されて驚いた。聞けば、プロコーチとして東大アメフット部に採用され、チーム作りに励んでいるという。「近いうちに甲子園で会いましょう」と挨拶したが「頑張ります」と勢いよく応じてくれた。
 こういう深い縁(えにし)で結ばれた東大と関西学院の試合。その詳細は、稿を改めて書かせて頂くつもりである。
«前へ

<< 2022年7月 >>

MONTUEWEDTHUFRISATSUN
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログテーマ