主務ブログ2019

青の力を身にまとい

投稿日時:2012/11/26(月) 23:18rss

 リーグ最終戦、立命館大学との試合はご存知の通り27-0で勝利することができました。

 「まだこのメンバーでフットボールが出来る。」
 試合後、多くの4年生がこの言葉を漏らしていた。
 苦しかった今年の春、こんなことは頭の片隅にも思わなかっただろう。何をしてもうまくいかず、まとまらない。チームとして前進が見えず、感じず、何をするにも自信がない。毎晩、朝が来るのが嫌だった。仲間であるはずの同期の4年生にも、その取り組みを見ていると苛立ちが込み上げてくる時さえもあった。春季シーズンの試合のスコアがその時のチームを物語っているのではないか。
 しかし、今は違う。「今年のFIGHTERSが少しでも長く続いてほしい」。部員全員が切に願っている。手を差し伸べる時も、苦言を呈するときも、全て「仲間」の為。特に京都大学戦、関西大学戦、立命館大学戦を経て、今年のFIGHTERSが「チーム」に成っていくのを感じている。

 このような経験が出来ているのも、様々な方々からの支えがあったから。ここでは特に試合会場に足を運んでくださる、ファンの方々に感謝の意を述べたい。
 今年のFIGHTERSには「雨男、雨女」が多いのだろうか。なぜか今シーズンは雨の試合が多かった。初戦はいきなりのゲリラ豪雨。晴れの予報であってもそれを覆して雨が降る時もあった。試合中を通して晴れていたのは昨日の立命戦ぐらいだったのではないだろうか(試合中は雨も気にならないので、もしかしたら他にも晴れていた日はあったかもしれないが…)。
 そんなFIGHTERSであっても、多くのファンの方々が会場まで足を運び、我々の試合を観に来てくださっている。試合会場開門と同時に真ん中からスタンドがKGブルーに染められていくのを見ていると勇気が心の奥底から湧き出てくる。
 特に昨日の立命戦、バックスタンドの上から下までぎっしりとファンの方々で埋め尽くされたスタンドに、私のほうが圧倒されてしまうほどだった。多くの方々が私たちと共に喜び、時には悔いてくださる。試合のその一瞬一瞬をファンの方々と共に噛み締め、大きな声援を背に受け、我々は多くの「思い」と共に戦っていることを実感する。そしてそのことが我々に大きな力を与えてくださっていることは言うまでもない。

 リーグ戦は本当に多大なるご声援をいただき有難うございました。これから続く試合でもより一層のご声援をよろしくお願いします。会場にこられる際には「青色の服」をお忘れないように!まだ、皆さんに関大戦、立命戦の振り返りが出来ていません。また、すぐに(?)更新します!

20121126_01.jpg
この記事は外部ブログを参照しています。すべて見るには下のリンクをクリックしてください。

記事タイトル:青の力を身にまとい

(ブログタイトル:KGファイターズ 主務ブログ)

<< 2019年12月 >>

MONTUEWEDTHUFRISATSUN
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ