主務ブログ2020

<<前へ
rss

2つの目標

投稿日時:2020/09/19(土) 18:43

 5月から4ヶ月間、主務ブログの更新が途絶えてしまい、大変申し訳ありません。
 4月から自粛期間が始まり、6月中旬まで自粛期間が続きました。6月中旬から20人という少人数で、対人での練習やダミーなどの練習用具の共有などは一切行わないという条件の中、部活動を再開し、徐々にトレーニングをグラウンドで行えるようになりました。しかし、アメリカンフットボールの基本的な練習であるキャッチボールやタックル練習を行うことが出来ない期間が7月まで続き、8月に入っても20人という制限は変わらず、コンタクト有りの練習も始められませんでした。例年であれば夏の練習が始まり、鉢伏高原での合宿でフットボールとチーム作りを究めようとする時期であるにもかかわらず、全体練習はおろかユニット単位の練習も始められない現状にもどかしさを感じました。そんな中で、8月下旬からコンタクト練習が少しずつ解禁され、9月からは練習参加人数も徐々に制限が緩和されたため、本格的に練習を再開することができるようになりました。また、活動再開に併せて、学生たちでアメリカンフットボール部としての感染対策に関するガイドラインを完成させ、感染者を出さないために最大限できることを徹底して、日々練習に励んでいます。
 今年のチームは学生日本一という目標に加えて、「コロナ禍に打ち勝ち感染者を出さずに試合に出場する」ことが課せられた使命であると私は考えています。
 学生日本一、感染者を出さないという2つの目標を達成する為には、部員一人一人の高いレベルの当事者意識が必要不可欠です。しかしながら、心のどこかでコロナ禍を言い訳にしている部員がいる事も事実です。ただでさえ、他大学のチームよりスタートが遅い我々には時間がありません。限られた練習時間の中で、一回の練習の質を高めていくために、リーダーである4年生がより主体的に行動し、周囲にも求めていくことが重要です。
 練習を再開するにあたり、アルコールやマスク、フェイスシールド等を準備しなければいけませんでしたが、OB会や後援会の方々に必要な物品を用意して頂き、スムーズに練習を再開することが出来ました。私たちが現在当たり前にできている練習が多くの方々の支えによって成り立っているという事に感謝をしながら、来るべきシーズン開幕に向けて全力で日々取り組んでいきたいと思います。今後とも応援よろしくお願いいたします。

トレーナー目線で

投稿日時:2020/05/16(土) 17:49

 5月に入り、緊急事態宣言が延長されたことでアメリカンフットボール部の活動自粛も延長されている状況です。4月に活動自粛が決まった時は、5月末までグラウンドでの活動が出来ないということを想定出来ていなかったのが正直なところではあります。6月以降に活動が再開になったとしてもすぐに練習が出来るのかと言えばそうではないと思いますが、今できることをやって秋シーズンに向けて備えていきたいと思います。
 今回はトレーナーの観点からトレーニングについて、お話させて頂きたいと思います。1月から新チームが始まり、今年のチームは「走る」ことをテーマにトレーニングが始まりました。例年であれば1月のテスト期間は、各自で筋力トレーニングを中心にトレーニングを行うのですが、今年は1月から走り込みを開始しました。本格的にシーズンが始まった1月末からトレーニングの強度も少しずつ上がり、2月には2週間に渡って千刈合宿が行われ、相当な量を走り込みました。3月からはパート、ユニット毎での練習と並行してトレーニングを行い、肉体的にかなり追い込みました。私は高校まで野球部に所属し、野球のオフシーズンであるこの時期はかなりの量を走り込みました。その結果下半身の怪我をしたことが無く、走り込むことがいかに大切かを身を持って知りました。この経験から、走り込むことの重要性を部員に上手く伝えたかったのですが、中々上手く伝わりませんでした。選手が春の試合で走り込んだ成果を出してもらいたいと思っていたのですが、それが活動自粛、そして試合の中止で出来なくなりとても残念です。
 現在は、オンラインでトレーニングの指導を行っています。Zoomを利用し、8名~10名でトレーニングプログラムを基に実施しています。ベンチプレスやスクワットが出来るような器具は無いので、満足の行くトレーニングは出来ていませんが、自重トレーニングやペットボトルをダンベル代わりにするだけでもかなりのトレーニング効果を得ることが出来るプログラムを組んでいます。
 活動が再開できれば、秋シーズン終盤まで戦える身体づくりを目指しトレーニングを積んでいくことになります。本格的にアメリカンフットボールの練習が出来るのはまだ先になりますが、再開できたときにすぐスタートがきれるよう、部員それぞれが今の一日一日を大切に行動していくことが重要です。
«前へ

<< 2020年9月 >>

MONTUEWEDTHUFRISATSUN
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2020年9月