主務ブログ2021

<<前へ
rss

十人十色

投稿日時:2022/05/02(月) 21:09

 第1回主務ブログを読んで頂いたから、次回のブログを楽しみにしているというご報告を受け、大変嬉しく感じております。
 授業開始や新入部員の勧誘で慌ただしく4月が過ぎ、5月が始まりました。今年も多くの新入生が入部し、練習に早く参加すべく、トレーニングに励んでおります。
 5月に入り初戦を前にして、私は遠征に持っていく物品・テーピングの整理をしていました。テーピングの種類は多く、それぞれに強み弱みがあります。それぞれの強みを活かして、怪我の予防や関節の補強をしています。このような日常から私が感じたことを書かせていただきます。
 私の好きな言葉の中に「十人十色」があります。この言葉の意味は、「考え・好み・性質などが、人によってそれぞれに異なること。」とされています(新明解四字熟語辞典より)。
 この言葉が好きな理由は、全員が違う性格、価値観を持っているからこそ、新しい発見があると感じるからです。互いの個性を認め合う上で主張すべきことは主張し、相手を尊重するところは尊重し、相手の良いところは吸収していく。考え方が違うからこそバランスが上手く保たれていると思います。
 アメリカンフットボールは全員がそれぞれ自分の強みを活かすことで、チームのレベルが上がり、勝利に繋がると考えています。足が速い、身体が大きい、頭が良い、それぞれの強みを活かし、活躍出来るのがアメリカンフットボールの良さだと思います。
 私は主務として部員全員に誰にも負けないこだわりを持ってほしいと伝えています。その誰にも負けないこだわりこそが強み、個性となり、自信に繋がると思います。その部分を伸ばし、チーム全員がこだわり抜くことが、本年度のスローガンである「Drive」であると考えています。
 もちろんその強み1つで勝てるほど甘くありません。そのために、チームの核として「ファンダメンタル」があります。全ての物事の基礎を大事にしつつ、自分の誰にも負けないこだわりを貫くことで、個人だけでなく、パートとして、チームとして、強くなるのではないかと思います。まだまだ、至らぬ点ばかりですが、勝つべくして勝つ・応援されるチームを作るため、テーピングを何種類も使い合わせ巻くように、個々の力を合わせ、チーム全員が精進して参りたいと思います。

2022主務ブログスタート

投稿日時:2022/04/22(金) 09:13

20220416shumu_kubota.jpg


 はじめまして。2022年度FIGHTERSの主務を務めさせていただきます、窪田 光(くぼた ひかる)と申します。1年間、主務ブログを通じてFightersのチーム状況や私の感じた事を、思ったことをより多くの皆様に伝えていきたいと思います。本年度もどうぞよろしくお願い致します。
 はじめに、私の略歴について紹介させていただきます。

2013年 関東学院中学校に入学
 バドミントン部で活動

2016年 関東学院高等学校に入学
 中学に引き続きバドミントン部で活動。高校3年時は関東高校大会神奈川県予選男子学校対抗戦で4位となり、関東高等学校バドミントン大会に出場。高校総体にて法政大学第二高等学校に敗れて引退。

2019年 関西学院大学法学部政治学科に入学
 2年生の12月までRBとしてプレー、その後、トレーナーにコンバート。

2022年 主務に就任

 4年生になり学年で話していく中、私は自分の力で日本一を掴み取りたいと思いました。トレーナーという立場ではありますが、幹部としてチームを引っ張るために立候補しました。
 本年度は4年生が39人と例年に比べて少ない学年になっています。人数が少ない分全員が一致団結し、日本一に向かって行くことが大切だと考えました。一致団結し、日本一になるためには一人一人が決めたことを貫くという気持ちを持つことやチームを主語とし常に考え行動してまいります。
 新型コロナウイルスの影響により、今年もまだまだ通常と異なるシーズンが続くと予想されますが、その中でも一人一人が勝つための行動をし、コロナ禍においても「勝つべくして勝つチーム」として日本一の取り組みをしてまいります。
 最後になりましたが、今年度も皆様の温かいご声援をよろしくお願いいたします。
«前へ

<< 2022年6月 >>

MONTUEWEDTHUFRISATSUN
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30