主務ブログ2018

こだわり

投稿日時:2012/08/27(月) 23:08rss

 合宿が終わってからの1日1日は、今まで3年間の夏の練習と比較して、あっと言う間に過ぎていっているように感じる。このまま気が付いたらシーズン終盤になってしまっているのではないか。そう思うと、あっさりと過ぎて行ってしまう1日に、自分も含めて4年生の力不足を感じる。
 「こんな練習でええんか?」先日の練習について松岡コーチ(前年度主将)に叱咤された。とても悔しかったが、言い返せなかった。無論、私を含め、この練習の雰囲気をつくっているのは4年生だった。
 「近大は初戦、我々を食ったろうと思てるで。」何日か前の練習後のハドルで鳥内監督がおっしゃった。監督はこの日、秋のリーグ戦を前にした合同記者会見に出席し、他校のインタビュー、コメントを聞いての感想を我々に話してくださった。
 近畿大学は時本コーチ(元オンワードスカイラークス、NFLヨーロッパLB)が加わわれてから、練習、部内の雰囲気がガラリと変わったという噂を何度か耳にしている。練習で積みあげてきたものを初戦では爆発させてくるに違いない。我々との試合の為にトリックプレーも準備しているに違いない。
 もちろん我々は1戦1戦優勝を成し遂げるための試合にしなければならない。彼らの前に立つときに断固たる決意で挑むことができれば、たとえ相手がどんなことを繰り出してこようとも、目の前の1プレーに集中することができるだろう。
 しかし、今の我々の練習内容で、果たしてそのような気持ちでフィールドに立てるのだろうか。JVチーム相手にフィニッシュが出来ないオフェンス。スタートから思いっきりかけることが出来ずにズルズルとゲインを許してしまうディフェンス。サイドラインに一体感がないキッキング。練習がこの状態では、試合で相手の気持ちまで折ってしまうようなフィニッシュ、いかなる状況でも思い切りの良いプレーが出来るユニットになど成れるわけがない。
 試合中、その場、その場でたまたま起こるBig Playを待っていたのでは勝つことが出来ない。細かいことにこだわって努力(練習)していれば、試合でピンチをチャンスに変えられるチームになれる。そんなチームにならなければリーグ戦を勝ち抜くことなどできない。試合で大切なのは、地味であろうが、泥くさかろうが、なんだろうが、オフェンスが、ディフェンスが、キッキングが練習でこだわってきたことを同じようにこだわり続けるだけ。
 もっと足元に目を向けて、まず「4年生が一番にこだわっている。」と胸を張って言えるような練習をします。

 最後になりましたが、2012年度Fightersが挑む正念場、秋のリーグ戦が開幕します。初戦は9月2日(日)@神戸市立王子スタジアム、17:00Kickoffです。是非、会場まで足を運んでください。応援の程宜しくお願い致します。
この記事は外部ブログを参照しています。すべて見るには下のリンクをクリックしてください。

記事タイトル:こだわり

(ブログタイトル:KGファイターズ 主務ブログ)

<< 2019年3月 >>

MONTUEWEDTHUFRISATSUN
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ