主務ブログ2018

「初戦」DB徳井啓介

投稿日時:2008/09/04(木) 21:00rss

 みなさん、こんにちは。とうとう初戦まで残すところ、あと3日となりました。今回は、DB徳井に初戦への意気込みを語ってもらいます。

=========================
 私にとって今年で最後になる初戦。過去三回迎えたどの初戦でも味わうことができなかった嫌な緊張感や不安を私は感じています。下級生のときによく先輩から言われた「来年はないぞ」という言葉。心のどこかで「俺らは来年もあるよ」と思っていたのか下級生の頃は、不安や緊張など少しも感じることがありませんでした。しかし、実際「来年はないぞ」という立場に立ってみると、もしかしたらという不安が頭をよぎるようになりました。準備は足りてんのか、自分は試合でしっかりと役割を果たすことが出来るのか、周りのやつは大丈夫なんか、オフェンスはほんまにいけてんのか。考えれば考えるほどに不安が募り緊張してあせってしまうという悪循環。「来年がない」というのがこれほどにも重荷であるとは考えもしませんでした。しかし、これを乗り越えることが出来なければ社会人を倒して日本一どころかリーグ制覇すら危うくなります。
 私はある人から「PMP」という言葉を教わりました。「Practice Makes Perfect.(練習が完璧を作る)」つまり、不安や緊張は普段の練習でしか払拭することができないのです。いかに普段の練習を試合と思って練習するか。練習であれど自分の1プレーのミスでチームが負けてしまうと考えられるのかどうか、それにつきると思います。それを全員が意識できたときに我々は本当の意味で日本一を狙えるチームになるのではないかと思います。
 初戦の相手は同志社大学。おそらく、彼らは関学に一泡吹かせてやろうと夏の間つらく厳しい練習を耐え抜いているはずです。リーグ戦とはいえ一回も負けることが許されない私達にとってとても厄介な相手です。しかし、もちろんのことながら易々と負けるつもりは毛頭にありません。今年もフィールドで暴れまわるファイターズにご注目ください。
=========================
この記事は外部ブログを参照しています。すべて見るには下のリンクをクリックしてください。

記事タイトル:「初戦」DB徳井啓介

(ブログタイトル:KGファイターズ リレーコラム)

<< 2019年9月 >>

MONTUEWEDTHUFRISATSUN
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ