主務ブログ2018

「初戦を振り返って」OL廖孝祐

投稿日時:2008/09/11(木) 23:39rss

 こんにちは!とうとうシーズンが始まり、選手・スタッフ共に試合の準備に追われ、あわただしい毎日を送っています。今回は、4年生のOL廖(りょう)に同志社戦の感想と残りの試合への意気込みを話してもらいます!

=========================
 9月7日、遂に初戦の同志社大学との試合を迎えて、目標である「社会人に勝って日本一」に向かって、4年生にとって最後のシーズンがスタートしました。初戦でしたので相手は何をしてくるのかが分かりにくく、予想のもとで考えていろいろと準備し挑みました。
 しかし、試合を終えてみると結果は24対0。私自身オフェンスの者として数字の通り、納得のできる内容ではありませんでした。ディフェンスがインターセプトを5回という健闘に対して、オフェンスは反則や細かいミスでリズムをくずしてしまい、後半はメンバーが入れ替わって得点が入らない事態に陥りました。わずかなミスや反則が前のシリーズまでのテンポの良い流れを変えてしまう。その怖さを改めて感じました。1プレーの重み、常にタッチダウンを狙うという貪欲さをこの試合を通じて、オフェンス全体が再認識させられました。
 自分達でリズムを作る。これは練習からもっと取り組んでいかなければなりません。1対1の勝負や個々の技術も一緒です。私が毎年イヤーブックの好きな言葉で書いているが、「practice never betray」です。練習で培ったことは試合で表れる。練習した以上のことをしようとするのではなく、やってきたことを信じて相手にぶつかる。ビッグゲームになって、いかにこれを無心になって行えるかが最後に問われます。そこに辿り着くまでにFIGHTERSが個人としてもチームとしてももっともっと成長していくことで、これからの結果に繋がっていくと思います。
 初戦で各人がそれぞれ感じた悔しさや危機感をバネにしてこれからの戦いに邁進していきます。これからもご声援よろしくお願いいたします。
=========================

 次回は、1年生にコラムを書いてもらう予定です。乞うご期待!
この記事は外部ブログを参照しています。すべて見るには下のリンクをクリックしてください。

記事タイトル:「初戦を振り返って」OL廖孝祐

(ブログタイトル:KGファイターズ リレーコラム)

<< 2019年9月 >>

MONTUEWEDTHUFRISATSUN
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ