• トップ
  • ブログ
  • 部歌「Fight on, KWANSEI」(『関西学院大学 by AERA』を読んで)

主務ブログ2019

部歌「Fight on, KWANSEI」(『関西学院大学 by AERA』を読んで)

投稿日時:2011/10/23(日) 14:35rss

 日が落ちると第3フィールドには甲山からの冷たい風が吹き、練習する部員も冬用ウェアにすっかり衣替えをする時期になりました。
 先週の10月13日に朝日新聞社から「関西学院大学 by AERA」が発売されました。
 さっそく当日の朝、関学生協にて購入しました。数ある記事の中でも、私の目当ては、やはり石井晃先生が書かれたアメリカンフットボール部についての8ページでした。
 既にお読みになった方はご存知だと思いますが、その中にチームソング「Fight on, KWANSEI」について、歌ができた歴史や歌詞に込められた意味が紹介されている記事がありました。
 「Fight on, KWANSEI」には以下の一節があります。
 "Fight clean and be proud of the victor's name."
 私はこの一節が好きです。というのも、この1文がファイターズの原点であるような気がしてならないからです。石井先生のお言葉をお借りすると、ここには「潔く戦い、勝利者の名を誇りに思い、その名に恥じないチームとしての品格を持て」という深い意味が込められています。
 ファイターズの最大の目的は、日本一になること。それを成し遂げるためには、安直に勝利だけを求めるのではなく、チームとしての品格が必要であるということです。
 勝ちたいという思いで、周到な準備をし、対する相手に堂々と挑み、勝ってなんぼの世界であることは承知の上で、品格の獲得をも目指すのがファイターズです。それがこのチームの良さであると改めてAERAを読んで思います。品格があってこそ2011年度ファイターズが目指している「皆から応援してもらえるチーム」にもなれるというものです。
 AERAのその他特集記事では、関学卒業生の社会での活躍や、人材教育に貢献されている教授の方々、関学の施設、様々な課外活動を行う現役学生らを紹介しているもので、関学の歴史と今が凝縮された一冊です。
 団体の紹介ページにある、全体育会1600名が第3フィールドアメリカンフットボール場の三日月の校章を囲んで肩を組み笑顔で写っている写真は中々の壮観です。
 「関西学院大学 by AERA」は、甲南戦に引き続き次節・関大戦でもグッズブースで販売予定です。是非2011年度イヤーブックと一緒に購読していただき、2011ファイターズのことをより多くの方に知っていただきたい、そしてその上で応援していただきたいと思います。
 来る決戦には、部員全員でハドルを組み、この一年取り組んできた分の思いを込めて、堂々と声高らかに「Fight on, KAWNSEI」を歌います。
この記事は外部ブログを参照しています。すべて見るには下のリンクをクリックしてください。

記事タイトル:部歌「Fight on, KWANSEI」(『関西学院大学 by AERA』を読んで)

(ブログタイトル:KGファイターズ 主務ブログ)

<< 2019年12月 >>

MONTUEWEDTHUFRISATSUN
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ