主務ブログ2019

天国か地獄

投稿日時:2010/04/23(金) 22:42rss

 2010FIGHTERSの初戦を終えました。応援に来て下さった方々、ありがとうございました。
 結果は58-0。1st down獲得回数は24-8と3倍。総獲得ヤードは536yds-155ydsと4倍弱。得点でも、記録でも圧勝でした。
 しかし、日体大のオフェンス体型は片手で数えられる程、ディフェンスのサインは2つだけ、この試合に向けての準備をして来なかったのは明らかです。その相手にオフェンス、キッキングでやってはいけないミスをしました。それ以上に、あの展開で盛り上がらないサイドラインを見たときに、今のチームの悲惨な状況に気付きました。必要な声の伝達が全くできていない。それどころか、伝えなければならない声を復唱すらしていない、ただの「観客」がサイドラインに大勢いました。
 もちろんサイドラインの役割とは、ただ声を出していればいいわけではありません。むしろ二次的な要素と言えます。私が目指すサイドラインは『一人一人が勝つために自分の役割を全うする』『フィールドとサイドラインが一体となって相手を圧倒する』ことです。初戦は全くできていませんでした。
 試合終了後のハドルで大村コーチが言われたとおり、今回の試合でレベルアップしていく為の材料はたくさん出たと思います。その反省材料を冷静に分析し、今後の練習に反映していけば、次の日本大学ともいい勝負ができると思います。試合で58点とれたことも、完封したことも素直に喜んでいい。ただ、今回の試合で自分たちの力を『過信』してしまえば、試合に負けるまで気づくことができないだろうと思います。
 ここからが2010FIGHTERSの『ゼロ』からのスタートです。次は5月8日(土)川崎球場に遠征しての日大と試合です。勝って兜の緒を締め、初戦よりも良いチームにしたいと思いますので、引き続き応援よろしくお願いします。
この記事は外部ブログを参照しています。すべて見るには下のリンクをクリックしてください。

記事タイトル:天国か地獄

(ブログタイトル:KGファイターズ 主務ブログ)

<< 2019年12月 >>

MONTUEWEDTHUFRISATSUN
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ