主務ブログ2023

「絶対に勝つ」という執念

投稿日時:2023/11/09(木) 22:54rss

 10月29日の立命館大学vs関西大学の一戦、私はライブ配信で見ていました。昨年は関西大学が勝ったこのカードですが、今年は立命館大学が試合内容として圧倒しており、点差以上に強いチームに仕上がっていました。こんな強いチーム相手に、2週間後エンジ色の集団を目の前にして、自分たちのやってきたことに本当に確信を持って勝負に挑むことができるのか。そんな不安を払拭する為にそこから練習を続けていました。
 試合において何が勝敗を分けるのか、私は気持ちの差がやはり大きく勝敗を左右するのではないかと思います。オフェンスであればどれだけ完璧なアサイメントでもこなしているだけでは勝てないと思います。OLは意地でも笛が鳴るまで足を掻き続けてブロックする、WRは厳しい位置にボールが来たとしてもジャンプをして突っ込んで取りにいく。ディフェンスも同じで、ただタックルするというのではなく意地でも相手を倒すハードタックルをするという気持ちを持ってプレーする、必死にパシュートして何としても追いかける。一人ひとりの「絶対に勝つ」という執念が大一番では絶対に必要です。
 どれだけ気持ちが大事と言え、プレーの質が低ければ結局の所勝てないと言う人もいると思います。しかし、気持ちの乗っていないプレーを何百回練習しても試合で通用するプレーにはなりません。緻密な戦略を理解した上で、気持ちの入ったプレーをすることで相手との勝負になると思います。
 松浦静山の言葉で「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」というものがあります。負ける時は必ず負けに繋がる要因があります。この要因は試合の時に突然姿を現すものではありません。練習の中から様々な場面で負ける要素が転がっています。それらの要素を一つ一つ潰していくしかありません。
 私たちに与えられた時間は残り少ないです。この時間をどのように使うのか、いつも通りに過ごしても躍起になって行動しても過ぎる時間は同じです。今この時の行動からもう一歩深く考えて行動することでチームとして少しでも良い方向に向いていくはずです。
 負けて学べることは確かにあります。しかし勝ってこそ学ぶべきことが多くあると思います。勝って次に進む為に、やるべき事は各々違えど全身全霊で残りの期間を過ごしていきます。どれだけ練習しても不安が完全に取り除かれることはありません。しかし、やれることは全て行って決戦の舞台へと臨みます。
 最後になりましたが、第5節まで沢山の応援をありがとうございました。OB/OG、保護者、ファン、全ての方々の応援があったからこそ、私たちはここまで取り組んでくることができました。次節は今年一番の山場です。これまでにない程の方々に来ていただき、スタンドが青色で染まっていることを願っています。
 「11.11」第6節・立命館大学戦、ご声援の程よろしくお願いいたします。
この記事は外部ブログを参照しています。すべて見るには下のリンクをクリックしてください。

記事タイトル:「絶対に勝つ」という執念

(ブログタイトル:KGファイターズ 主務ブログ)

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル
パスワード:

<< 2024年4月 >>

MONTUEWEDTHUFRISATSUN
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

アーカイブ