主務ブログ2021

全ては二択

投稿日時:2021/06/09(水) 08:25rss

 6月になり緊急事態宣言が延長されましたが、トレーナーが主体となってガイドラインを作成し、練習を行うことができています。感染対策のルールの中でそれぞれが危機感を持ち、高い意識で活動しています。練習できる環境が当たり前ではないこと、ファイターズを応援し、支えてくださっている方々がたくさんいることを忘れずに、日々感謝して取り組んでいます。
 最近私は、全ての事柄は「やるか」「やらないか」の二択であると考えています。「勝つべくして勝つチームとは何なのか」ということを改めて考えた時に、勝ちにつながることをひとつでも多く行うことだと気付きました。現在、チームで一番徹底しなければならないことは、練習中の感染対策です。まだ新しいルールが多く、チーム全体に浸透しているとは言い切れないのが現状です。この状況を打破するためにはこのルールの上に活動ができていることを全員に理解させることが必要で、それは私を含めた学生スタッフの務めです。もし、スタッフの誰かが「やらない」という選択をすれば、練習する環境を用意してくださっている関係者の皆様の信頼を失うことにつながります。また、感染者が発生した際にはチームの活動は全て止まってしまいます。「やるか」「やらないか」を判断するときに、その行動だけでなく、その先のことを考えると答えは自然と出てきます。その先頭に私が立ち、チームの社会的価値を高めていきます。
 ひとつひとつの行動は小さくても、それが積み重なって現在のFIGHTERSは存在しており、たくさんの方々に応援されるチームになっています。先輩方が積み上げてきた信頼を失わずに、さらに積み上げていきます。そのためには、全ての行動はつながっているということを忘れずに、自分の行動に責任を持ち続けることが大切です。たとえ、行動を起こして、それが失敗につながったとしても、行動を起こさずに後悔するより自分そしてチームの成長につながります。最大限の準備をした上で、失敗をおそれず、チームの核である「アグレッシブ」を体現していきたいと思います。
 私は試合に出場しない分、普段の練習や日常生活で選手に求め続け、自分がチームを勝たせたと胸を張れる春シーズンにします。春シーズンは無観客試合のため、ファンの皆様に直接試合を観ていただけないことが悔しいですが、練習した成果を発揮し、対戦相手にかかわらず、FIGHTERSとしてのプライドをもって、応援されるにふさわしい試合をする決意です。
 秋シーズンには皆様と試合会場でお会いできることを切に願っております。これから暑くなってきます。コロナウイルスの感染もまだまだ収まっておりません。皆様、体調に注意して、共に乗り越えていきましょう。
この記事は外部ブログを参照しています。すべて見るには下のリンクをクリックしてください。

記事タイトル:全ては二択

(ブログタイトル:KGファイターズ 主務ブログ)

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル
パスワード:

<< 2021年10月 >>

MONTUEWEDTHUFRISATSUN
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ