主務ブログ2021 2022/2

rss

原点

投稿日時:2022/02/10(木) 17:37

20220210.jpg

 12月19日に行われた甲子園ボウルから早くも1ヶ月以上が経ちました。今まで朝から晩まで部活のことで頭がいっぱいだったので、突然何もなくなってしまい、不思議な気持ちでいっぱいの日々を過ごしています。
 オミクロン株の感染拡大による影響でファイターズファミリー壮行会や納会がまだ行えていません。感染状況が落ち着いてきたかと思っていましたが、まだこのウイルスに悩ませられるかと思うと悔しいです。
 シーズンを振り返った時に頭に浮かんできたのは感謝の気持ちです。自分達の力だけでは絶対に日本一という結果は残せなかったと思います。監督、コーチ並びにファイターズ関係者の皆様、OB会の方々、後援会の方々、学校関係者の方々、連盟や協会の方々の支えがあったからだと思います。本当にありがとうございました。甲子園球場でスタンドを見上げた時にあれだけたくさんの方々に応援されているのだと再度実感することができました。ファンの皆様にも感謝の気持ちでいっぱいです。
 そして1年間苦しい状況の中でも4年生についてきてくれた後輩にも感謝の気持ちしかありません。日本一という景色を一緒に見ることができて本当に嬉しい限りです。
 春シーズンはコロナウイルスの影響で対面でミーティングする機会をあまり作れず、例年通りのことができずにあまりチームがまとまっていませんでした。春シーズン最後には敗戦をし、このまま行くと今年はまずいと思っていました。夏に入る前になぜファイターズに入ったのかなど、自分達の目標について再度確認し合うミーティングする機会を持ちました。そこで自分達が日本一になるためであるということを再度認識し、そこからチームがまとまっていきました。
 行動する自分達の原点には「勝つ」「日本一になる」という気持ちがあることをしっかり認識することで、自然と行動が変わっていきました。当たり前のことかもしれませんが、その当たり前に再度気づくことができました。よくファイターズで言われる「日本一の基準で」とはこのことだと思いました。秋シーズンが始まり、うまくいかないこともありましたが、結果として日本一になることができました。
 主務として200人の大所帯をまとめること、引っ張っていくこと、チームを作っていくことなど、他の人が経験することがないことをここで経験することができた私は幸せ者です。元々選手として入部しましたが2年生でマネージャーになり、その判断は間違っていなかったとこの1年を通じて感じました。社会に出てもこの経験を活かしていきたいと思います。
 最後になりましたが1年間、ブログを読んでいただきありがとうございました。2021年度ファイターズは引退しましたが、2022年度ファイターズは既に始動しております。2022年度ファイターズにも変わらないご支援ご声援の程よろしくお願いいたします。

2021年度主務 市川 直輝

<< 2022年2月 >>

MONTUEWEDTHUFRISATSUN
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          

2022年2月