主務ブログ2018 2010/10/28

rss

改めて思う"FIGHTERS"

投稿日時:2010/10/28(木) 14:50

 ようやく舞台は整いました。待ちに待った立命館大学との全勝対決が目前に迫っています。2010FIGHTERS発足から主務として今まで取り組んできて、最強のライバルである立命館と互いに全勝で試合ができることをうれしく思うとともに、シーズンが深まるにつれ改めて見えてきたことを綴ってみたいと思います。
 「伝える」「動かす」ということについて、言葉だけでは何も伝わらないし、誰も動かないということを実感しています。想いを伝えたり、人を動かすためには、言葉の奥にある「取り組み」でしかないことに最近気づくことができました。例えば、一切トレーニングしない人間が「お前ちゃんとトレーニングしろよ」と言っても聞く耳を持つ者はいないように、伝えようとする者がどれだけ本気で伝えたいのかが重要であると思います。先日あるOBの方とお話させてもらいましたが、「ただの言葉は伝わらない。ええかっこせんと、素の自分から出てくる『生きた言葉』しか心には届かない。」とおっしゃっていました。まさにそのとおりだと思います。
 FIGHTERSは歴史あるチーム。関西リーグ145連勝や甲子園ボウル5連覇等、日本のフットボール界で輝かしい戦績を誇ったチームである、というのはFIGHTERS関係者であれば誰でも知っています。私自身、FIGHTERSの歴史の重みを部員に伝えることは主務の役割だと思い、部員に対して色々話してきましたが、それは「生きた言葉」だったのでしょうか。FIGHTERSに入って4年。主務という立場上、先輩からお話を聞く機会が多かったとはいえ、その当時の取り組み・想いは当時チームに在籍していなければ完全に理解することはできません。歴史の重みを伝えようとしている私がFIGHTERSの歴史の深さ、重さを理解しきれていないまましゃべっていたのかもしれず、そのような状態では現役部員に完全には伝わっていないのかもしれません。
 しかし、私は今年何としても勝ちたい。「俺達のPRIDEにかけて絶対勝つんや」と、毎年毎年覚悟を決めて必死に取り組んだ積み重ねこそがFIGHTERSのPRIDEであると思います。私達も過去の先輩達のPRIDE=「FIGHTERSのPRIDE」に誇りを持ちつつ、自分達の勝ちたい思い、「日本一になったる」という思い、自らのPRIDEにかけて取り組んで来ました。
 次節の立命戦ではその取り組みの全てが問われる試合となります。日本のフットボールでもトップレベルのゲームになることは間違いありません。お互いの体力・知力・技術はほとんど差がないでしょう。勝負は昨年の最終節で優勝の可能性がない中でのお互いにとって屈辱の試合以降、どれだけ「PRIDE」を持って取り組んできたのかで決まります。
 今まで私達を支えて下さった方々、本当にありがとうございます。10月30日には「日本一の支え」を裏切らない試合をお見せします。私達の「PRIDE」を見に長居メインスタジアムまで足を運んで頂けたら幸いです。

<< 2010年10月 >>

MONTUEWEDTHUFRISATSUN
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2010年10月