石井晃のKGファイターズコラム「スタンドから」 2018/8

<<前へ
rss

(16)初戦の収穫

投稿日時:2018/08/30(木) 18:25

 今シーズンの初戦、近大との戦いは31-7でファイターズの勝利。順当といえば順当であり、課題山積といえばその通りである。
 なんせ相手は、今季から1部に復帰したばかりのチームであり、現在のチーム力を計る情報がほとんどない。それでも、かつては毎年のように厳しい戦いを繰り広げた強敵であり、チーム力が十分に整わない時期でも、必ず突出したタレントを有して個人技で攻め込まれたことが何度もある。
 相手はどんな戦力を整え、どんな戦いを仕掛けてくるのか。情報が少ない相手に、ファイターズの諸君がどんな戦いをしてくれるのか。チームはどの程度まで仕上がっているのか。卒業生が抜けた穴を埋めるのはどんなメンバーか。興味津々でキックオフを待った。
 コイントスに勝ったファイターズが守備から入り、近大の攻撃を受けて立つ。
 ところが、相手は自陣25ヤードからは怖めず臆せず、思い切ったパスプレーで攻め込んでくる。合間に取り入れるランプレーとの組み合わせがよく、あれよあれよという間に2度もダウンを更新。気がつけばファイターズのゴール前、27ヤードまで攻め込まれている。ここはLB海崎の強烈なタックルなどで食い止め、相手のフィールドゴールの失敗にも助けられて攻守交代。
 代わってファイターズの攻撃は自陣22ヤードから。近大の歯切れの良い攻撃に浮き足立っていたチームだったが、この試合で先発した奥野が軽業師のような動きで突破口を開く。自身のキーププレーを中心に、RB山口、中村のランプレーで陣地を進め、着実にダウンを更新。最後はゴール前3ヤードからRB山口がパワーで走り込んでTD。K安藤のキックも決まって7-0とリードする。
 2Qに入ってすぐ、今度はRB山口が個人技で突破口を開く。自陣42ヤード付近でボールを受け取った瞬間から一気に加速、相手DBを次々と交わし、抜き去って58ヤードを独走。見事にTDに持ち込んだ。まさに個人技。スピードをほとんど落とさないままにカットを切るから、相手守備陣も捕らえようがない。昨シーズンまでは、相手を抜き去っても、なかなかタッチダウンまでは持ち込めなかったが、4年生になった今年はひと味違う。よりパワーアップした走りで、ファンの声援に応えた。
 試合後のインタビューで「僕がチームを勝たせます」と力強く言い切っていたが、本当に頼もしいエースである。
 このプレーで守備陣も落ち着きを取り戻し、14-0で前半を終了。3Q半ばにはK安藤が47ヤードのFGを決めて17-0。さらに4Qの初めにはファイターズの蹴ったパントを相手レシーバーがファンブル、ゴール内に転がったボールをパントチームの弓岡が抑え、ファンブルリカバーで7点を追加する。
 ここでようやく、ファイターズも交代メンバーをグラウンドに送り出す余裕が生まれた。しかし、当初から試合に出ていたメンバーは落ち着いているが、交代メンバーはそうはいかない。相手のパスプレーが止まらず、ファイターズ守備陣にパーソナルファールの反則もあって、簡単にゴール前までボールを持ち込まれ、あれよあれよという間にTD。
 結局、終わってみれば31-7。試合には勝ったが、もう一つすっきりしない内容だった。なぜか。理由はいくつかある。まずはパスを思い切って投げ込んできた近大の攻撃を守備陣が止めきれなかったこと。攻守ともに不必要な反則が続出し、せっかくのリズムを自ら壊していたこと。オフェンスラインが割られ、QBやボールキャリアが孤立する場面が何度も続いたこと。先発メンバーと交代メンバーとの差が大きく、せっかくのプレーコールが得点に結びつかなかったこと。物足りなかった点を挙げていけば、片手の指では足りそうにない。
 それもこれも「練習でできていないことは試合でもできない」(大村コーチ)ということではないか。それが明確になったことが、この日一番の収穫であろう。
 上級生はもちろん、下級生にも僕が期待していた通りに動けていた選手は少なくない。チャンスをつかもうと必死にボールに食らいつく姿も見えた。ファイターズのパントを相手がファンブルしたときのキッキングチームの基本に忠実な動きも素晴らしかった。全員がそれぞれの役割に集中していたからこそ、ご褒美のようなTDが転がり込んできたのだ。
 忘れてならないのは、後半、試合の行方が見えてから交代メンバーとして登場したフレッシュマンの物怖じしない動きも魅力的だった。初登場でインターセプトを披露したLBの北川をはじめ、同じLBの赤倉、DLの青木、DBの竹原らは今後、出場機会が増えるにつれてその潜在能力を発揮してくれるに違いない。それもまたこの試合の収穫である。
 マイナスの収穫は確実につぶし、プラスの収穫は大いに伸ばす。次の試合は、そんなところに注目して応援したい。

(15)さあ開幕

投稿日時:2018/08/25(土) 08:00

 8月25日午後7時10分、2018年度ファイターズの関西リーグ初戦が始まる。場所は吹田市のエキスポフラッシュフィールド。いつもの年の王子スタジアムとは少々勝手が違い、交通手段も異なるが、ファイターズの初戦であることは間違いない。より多くのファンの方々に会場までお運びいただき、応援をお願いしたい。
 開幕に先立って24日午前、僕も毎年恒例の儀式をしっかり務めてきた。前夜からの台風が一段落するのを待ちかねて大学に足を運び、平郡君のヤマモモの木に手を合わせ、上ヶ原の八幡神社に勝利を祈願する。ついでに時計台に向かっても一礼し、選手諸君の健闘を祈る。賽銭の代わりという訳ではないけれども、財務課の窓口に足を運んで、ファイターズのためにささやかな寄付も届けた。
 毎年のことだから旧知の財務課長も「ありがとうございます。いよいよですね」と声を掛けてくれる。彼は水泳部のコーチを務めているが、会うたびにファイターズ話で盛り上がる。
 彼だけではない。院長をはじめ、僕の知っている大学職員の全員がファイターズには特別の感情を抱いておられるのだろう。顔を合わせるたびに、それぞれの言葉で応援の気持ちを伝えていただける。その言葉を聞くたびに、関西学院には数多くの課外活動団体があるが、その中でもファイターズは別格、という感慨を抱く。それもまた、現役の部員はもちろん歴代の部員、関係者が築き上げてきたチームの伝統に対する敬意の表れだろう。ありがたいことであり、僕もまたチームへの愛着が一層深くなる。
 グラウンドでは、台風の余波が収まるのを待って、午前中からゲーム前の全体練習をしていた。23日深夜には、近畿地方に大きな被害をもたらせた台風20号が兵庫県に再上陸し、大雨と強風で各地に被害をもたらせたが、ファイターズはその間隙をついて23日も24日も練習を続けた。23日は、通常なら夕方からの練習時間を早朝からに切り替え、台風の影響が出る前に練習を終える。24日も台風の影響が収まるのを待って午前10時半から練習開始。固定観念に捕らわれないファイターズならではのやりくりで練習の時間を確保し、試合に備えていた。いつもながらの柔軟なチーム運営に驚きながら、全体練習を見せていただいた。
 さらに昨日の試合前日の練習にも強い印象を受けた。いつもなら試合の前日はプレーの順序を確認するだけで短時間で終わるのだが、実際にパスも投げて例年以上に入念なプレーの確認をしていて、初戦に向けて少しでも精度を上げて臨みたいという意志が感じられた。
 それは練習後のハドルでの大村コーチや光藤主将の言葉にもにじみ出ていた。「試合だからといっても、特別のことができるわけではない。練習でやったことしかできない。試合で失敗することがあったとすれば、それは練習できちんとやっていないからだ。やったことをしっかり発揮しよう」。そんな言葉である。
 練習後は全員でグラウンドのごみ拾い。前夜の台風の影響で、小さな木の葉があちこちに飛び散っていたが、約200人の部員が手分けして拾い集めると、あっという間に美しくなった。これもまた試合前恒例の作業だが、こういうことをきちんとするところにも、ファイターズというチームのたたずまいが現れる。本当は簡単な掃除用具を準備して、側溝の泥まで片付けて欲しい所だが、これはこれからの課題としておこう。
 さあ、今夜は2018年度チームのキックオフ。全員が「FIGHT ON」を体現する試合である。11月18日の立命戦まで「負けたら終わり」の厳しい戦いが2週間ごとに続く。前年度の成績がどうだとか、卒業したメンバーがどれだけいるかとかは関係ない。目の前の相手に必ず勝つという戦いを続けてこそ、西日本代表決定戦、から甲子園ボウル、ライスボウルへの道は開ける。日本1を掲げた以上は、どの試合も一つとして負けられない。目の前の相手に絶対に勝つという強い気持ちでシーズンに臨んでいただきたい。
«前へ

<< 2018年8月 >>

MONTUEWEDTHUFRISATSUN
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2018年8月

ブログテーマ