石井晃のKGファイターズコラム「スタンドから」 2011/8

<<前へ
rss

(19)東鉢伏高原からの報告

投稿日時:2011/08/21(日) 13:44

 お盆をはさんで何かと忙しく、コラムの更新が滞っている。僕も人の子、先祖の供養もしなければならないし、気安く引き受けた仕事も山積みになっている。何から片付けていけばいいのかオロオロする状態だが、どれ一つとしてパスできるものではない。
 そういう事情でついついコラムを書くのが後回しになってしまったが、とりあえず夏合宿の様子を見学してきたので、遅ればせではあるが報告したい。
 8月10日。今年も関西学院大学アメリカンフットボール部は、この日から恒例の夏合宿をスタートさせた。場所は兵庫県の北部、鉢伏山の中腹にある東鉢伏高原。1980年から毎年、同じ時期、同じ場所で、アメフット漬けの日を過ごすのである。
 その典型的な日課を紹介しよう。午前6時起床。6時半、早朝練習スタート。選手だけで約150人、スタッフも入れると200人にもなる大所帯だから、起床と就寝時間だけが同じで、練習はVとJVに分かれ、別々のメニューで行われる。
 Vのメンバーは7時半までに練習を切り上げて朝食。しばらく休憩し、9時からグラウンドに出て練習再開。11時、朝のチーム練習終了。昼食としばらくの休憩の後、13時からミーティング。終了後は、休憩と午後の練習の準備。16時から18時まで午後のチーム練習。19時から夕食。20時から21時半までパートごとのミーティング。22時就寝。
 ざっと、こんなスケジュールである。実際に体をぶつけ合って鍛える時間は、早朝、朝、午後の3部の練習を合わせて5時間ほど。10年、20年前に比べると、時間は格段に短くなったそうだが、その分、密度が濃くなったという。秒刻みで行動し、攻守それぞれのパートに分かれた激しいぶつかり合いが続く。
 中心になるのは、実際の試合を想定した練習だが、体を徹底的に鍛えるメニューも入る。攻撃側と守備側に分かれた「勝負もの」と呼ばれるメニューも入る。思い通りのプレーができず、自分のふがいなさに泣く選手、失敗した仲間を怒鳴りつける選手。意識を失いそうになって、トレーナーや監督、コーチからストップをかけられる選手もいる。
 秋のシーズンを直前に控えた合宿であり、ここで1段階、2段階と高いステージに上がらなければ、出場もおぼつかないし、勝利の道も開けてこない。だれもがそういう意識で取り組んでいるから、ぎりぎりまで自分の可能性を追求するのだろう。
 それでも、主将や副将、パートリーダーからは厳しい叱声が飛ぶ。「お前ら、これでとことんやりきったといえるんか。お前らの本気はこんなもんか」「もっと自分を追い込め。相手にももっともっと要求せんかい」「こんな練習しかできんのやったら、合宿やめて帰れ!」。感情を高ぶらせ、最後は泣きながら怒鳴っている。
 そういう場面を2泊3日の日程で見学してきた。そこで見聞した個々の選手の情報やチーム事情については、あえて報告を控えておくが、僕としては「期待通り」という印象を受けた。合宿の激励にきた奥井常夫OB会長も「すべてにおいてマネジャーが仕切っていたように見えた昨年、1昨年とは違って、今年はキャプテンが前に出ていますね」といわれていたから、同じような印象を持たれたのだろう。
 もちろん、脳震盪などで練習を回避している選手や雷で練習が中断したこともあった。そういうことも考慮すれば、チームとしては満点はつけられないだろうが、それは仕方のないこと。あとは、この合宿で詰め切れなかった点や、新たに出てきた課題にどう対処するかである。
 ファイターズの諸君は、合宿終了後、すぐに大学に戻って2次合宿に取り組んでいる。そうこうするうちに9月の4日には初戦が始まる。シーズンが始まれば、クライマックスはすぐに到来する。
 残された短い時間に、どこまでチーム力を底上げできるか、決定的な勝利の方程式をどう確立するか。課題はいくつもあるが、後は選手諸君の奮起を願うばかりである。

(18)決意の丸刈り

投稿日時:2011/08/11(木) 15:14

 8月である。原爆忌、高校野球、施餓鬼にお盆。こんな言葉を並べてみただけも汗が噴き出してくる。夜明けとともに始まる蝉の大合唱が、今日の暑さがただごとではないと教えてくれる。パソコンの前に座っただけで、汗がにじんでくる。
 それでも、どこかに秋の気配が見えてくるのがこの時季だ。例えばヒグラシ。奥山では早くもカナカナと鳴いている。ただ騒々しいだけのアブラゼミやクマゼミとは違って、ヒグラシのカナカナは、どこかもの悲しい。三田市近郊の田舎で育った僕は、子どもの頃、長い夏の一日の終わりを告げるように鳴くこの声を聞くと、いつも遊びをやめて家路を急いだことだった。
 そしてツクツクボウシ。お盆が終わるころから鳴き始めるのだが、この声が聞こえ始めると、いつも夏休みの宿題に追われていた。長い休みに入ったその日から、2カ所の親戚に預けられ、年齢の近いおじさんたちと遊びに遊んだつけが、ツクツクボウシの鳴き声とともに取り立てられるのである。
 8日は立秋。暦の上では、さっさと秋が立っている。ファイターズの夏期練習もとっくに始まり、今は東鉢伏の合宿で心置きなく鍛錬に励んでいる。僕も今日から合宿に出かけ、練習を見学するつもりだが、その前に、先日、上ヶ原で見た選手たちの様子について、一つだけ報告しておきたい。
 4年生の男子全員がつるつるの丸坊主になっていることだ。幹部からは、その理由について取材していないので、詳しい事情は分からないが、とにかく選手もマネジャーもトレーナーも分析スタッフも、見かけた4年生の頭は全員つるつる。今シーズンは春から、松岡主将、谷山副将をはじめ、4年生の多くが自主的に頭を刈り上げていたが、全員そろってとなると、なかなかの迫力だ。
 頭を丸めるといえば、いくつかのケースがある。何か不始末があったときに、その責任を負うべき人が反省の意向を示すためという場合もあるし、心機一転の気持ちを表明するために剃ることもある。何事かを決意して、その証しとして、頭を丸めることもある。単に長い髪が暑苦しいから短くするということもあるし、組織の方針として、丸刈りを強制することもある。
 いま甲子園で熱戦を繰り広げている高校野球チームを見ても、丸刈りにしている選手は少なくない。
 しかしファイターズでは、近年、あまり見かけなかった光景である。個人の都合で刈り上げている選手はいつの時代にもいたが、夏休みからスタッフも含めた4年生が全員、丸刈りにしたことはここ数年では記憶にない。よほど、心に期すことがあるのだろう。
 丸刈りといえば、京大のイメージが強い。とくに80年代後半から90年代の京大は、シーズンが深まるとともにつるつるに剃り上げる選手が多く、そのでかい体格と合わせ、近づくのが怖いような雰囲気を持っていた。それに対抗するファイターズも、そのころは秋のシーズンが深まるとともに、丸刈りの選手が続出。最後の京大と関学の決戦では、両軍の主将、副将がともにつるつるの坊主頭でコイントスをするのが定番だった。そのころはまた両軍ともに坊主頭が絵になる選手がいっぱいいた。ファイターズの池之上選手、ギャングスターズの屋敷選手らである。
 彼らの姿を見るたびに、当時の僕は「全員が丸坊主というのは、息が詰まる。アメフットはもっと自由で創造的なスポーツ。チーム全員が右へ倣えで丸刈りというのはいただけない。一人や二人は、長い髪をなびかせて走るあまのじゃくがいてもいいのに」と思っていた。今もずっとそう思っている。
 けれども、今年のファイターズを見ていると、その考えを少し修正したくなった。「気持ちを引き締めたい、4年生の姿勢を示したいというのなら、4年生全員が丸刈りにするのもいいじゃないか」と思うようになったのである。
 それは今シーズンが始まって以降、頭を丸刈りにしてずっとチームを率いてきた4年生の幹部連を見てきているからだ。今季は主将も副将も、パートリーダーも、早い時期から丸坊主だった。彼らの今季にかける意気込みを、シーズンの終盤ではなく、いまこの時期から4年生みんなで共有し、さらに高めて行こうという決心が丸刈りという形になって表れたというのなら、それもよしと思ったのである。
 さて、このような4年生の決意がチーム力のさらなる向上につながるのかどうか。その答えを求めて、東鉢伏に出発しよう。
«前へ

<< 2011年8月 >>

MONTUEWEDTHUFRISATSUN
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログテーマ