石井晃のKGファイターズコラム「スタンドから」 2010/7

rss

(15)僕の「本業」

投稿日時:2010/07/22(木) 22:24

 ヘルペスって、油断がならない。初めは胸のあたりに時々、変な痛みが走る程度だったんだけど、お医者さんに診断してもらって、薬を飲み始めたころから、キツイ痛みに変わり、痛み止めを飲まないと仕事も手に着かなくなってしまった。1週間ほど前から、ようやく痛みはなくなったけど、不摂生をすると再発することが多いそうだ。
 かかりつけの医者は「これも老化現象の一つですよ」と簡単にのたまう。けれども、老化を認めたくない僕としては、見栄を張って「もう痛みは消えました。大丈夫です」というしかない。そんなこんなで、このコラムもしばらく間があいてしまった。
 そうこうするうちに、昨日(21日)は朝日新聞の夕刊(統合版地域では22日朝刊)に連載されている「メディア激変」に僕の名前が載り、古い知り合いから電話やメールが相次いでいる(ほんの2本だけですけど)。
 どういうことで取り上げられたのかは、その新聞を読んでいただくとして、これは報酬をもらっている「本業」に関することだから、その仕事ぶりをまっとうに取り上げられることは、それなりにうれしい。先日来、朝日新聞社発行の「ジャーナリズム」という専門誌や日本新聞協会発行の「新聞研究」に、相次いで長文のレポートを掲載。「本業」の方でも、少しばかりは存在感をアピールしてきたから、それに注目してくれる人もいるということだろう。
 けれども、世間からはまったく注目されていないところに、僕の本当の「本業」がある。ファイターズで活躍することを夢見て、スポーツ推薦で関西学院の試験を受けようとする高校生に対する小論文の指導である。毎年、この時期になると、毎週のように該当する高校生に集合してもらい、夜間、2~3時間の勉強会を開いて、文章の書き方を教えているのである。あの平郡君や池谷君の代からスタートした集まりだから、今年でもう12年目になる。
 今年も、高校の1学期の試験が終わった直後から勉強会を始めた。関西勢は西宮市内の某所に集まってみっちりと個別指導。東京組は、ファクスで送ってもらった小論文を添削し、個別に講評を書いて送り返す。それをこの夏休み期間中、毎週のように続け、9月の試験に備えるのである。
 スポーツ推薦制度について、ファイターズの受け止め方は、かなりストイックである。いま高校野球で問題になっている「特待生」制度とは、考え方が根本から違っている。監督にもコーチにも、アメフットの選手として優れていればそれでいい、という考え方はまったくない。アメフットを通じて、いかに立派な社会人を育成するか、人間としてどのように成長していくのか、という点に力点を置き、ファイターズという組織がその成長をどう担保していくか、というところに心を砕いている。
 推薦入試を受ける高校生に対しても、この考え方は貫かれている。だからこそ、試験に備えて、少しでも勉強しよう、力を付けようということで、この勉強会も開催しているのである。及ばずながら、僕もお手伝いをさせていただいているのである。
 毎年のことだが、この勉強会に集まってくる高校生は、好感の持てる子ばかりである。リクルートを担当しているディレクター補佐の宮本敬士氏やマネジャーの森田義樹君が高校生の試合を丁寧に見て回り、試合中のパフォーマンスはもちろん、それ以外の行動や学業に対する取り組みなどをチェックしたうえで、推薦するメンバーを厳選しているからだろう。
 もともとが同じアメフットの選手。学校は違っても、関西の大会で対戦している選手同士だから、顔を会わせれば打ち解けるのも早い。勉強会のたびに、簡単な食事をともにして、あれやこれやと話し合うのだが、全員がもう同じチームのメンバーのように、親しく口をきいている。
 その姿を見ていると、絶対にこの子たち全員を合格させたい、一人も落としたくないという気持ちになる。小論文指導者としての闘志がわいてくる。これが小論文指導を、僕の「本業」と思い定めている由縁である。

(14)新戦力の見本市

投稿日時:2010/07/06(火) 21:06

 帯状疱疹、すなわちヘルペスにかかった。この1週間、胸部の内側で時折、針に刺されたような痛みが出る。かかりつけの医者の話では、もう相当快復しているそうだが、それでも痛み止めの薬は手放せない。年齢も省みず、睡眠不足と過労を積み重ねた罰が当たったのだろう。
 体調が悪くても、大雨でも試合はある。先週末は僕が大好きなJV戦。「薬を飲んでゆっくり静養してくださいね」という医者の言葉に逆らって、雨の中をいそいそと上ケ原の第3フィールドに出掛けた。
 試合の始まる前から強く降っていた雨は、試合開始と同時に土砂降り。人工芝のグラウンドには水がたまり、大げさにいえばプールの中で試合をしているような状態になった。選手が走るのも投げるのも、ボールを確保するのも困難な状況だったが、この試合を待ち望んでいたファイターズの新戦力にとってはまったく苦にならない様子。次々と登場する新顔たちが元気はつらつとしたプレーを見せてくれた。
 相手は大阪学院大。2部のチームではあるが、高校時代の経験者もおり、例年のことながら、個々には目を引くプレーヤーも少なくなかった。けれども、部員の層の厚さが違う。ファイターズは新戦力が次から次へと選手の見本市のように登場し、チーム内の競争をそのままプレーに反映させていたが、相手は攻守両面でプレーする選手もおり、雨の中では消耗も激しい。結果は59-2。スコアだけなら、一方的な試合だったが、僕には見どころが満載だった。
 とにかく1、2年の新しい戦力が次々と登場してくれた。オフェンスではラインの田淵(滝川)、長森(同志社国際)、石橋(足立学園)、TEの曽和(啓明学院)が先発メンバーに並び、ディフェンスでもラインの池永(仁川学院)、DBの大森(関西大倉)が先発した。いずれも、先日の桃山学院戦で活躍した1年生である。これまでの試合で少しずつ経験を積んでいるだけあって、全員この日も落ち着いてプレーし、着実に階段を上っていることが分かった。
 加えて、この日は交代メンバーでも活躍する新顔が目立った。50ヤードのタッチダウンパスを確保したWR梅本(高等部)がその象徴。高校時代は野球部。昨年夏の甲子園に1番レフトで先発出場した選手だが、足が速くセンスがいい。QB畑が50ヤード付近から投じたパスを相手陣25ヤード付近でキャッチ、そのまま一気にゴールまで駆け抜けたスピードに目を見張らされた。4月に入部したばかりで、まだ基礎練習しかしていない状態なのに、もう試合で結果を出す。末頼もしい選手である。
 同じく高等部で野球をしていたRB雑賀のスピードも素晴らしい。未経験者で、まだアメフット選手の動きにはなっていないが、RBとしては体も大きく今後の伸びが大いに期待できる。同じRBでは野々垣(関西大倉)の動きもよかった。4回のランで39ヤードを獲得、キックオフリターンでも素早い動きを見せていた。彼も今後、どんどん伸びる選手だろう。
 ディフェンスの交代メンバーも多士済々。これまでの試合にも出て、強烈な当たりを見せつけているDLの中前(高等部)は先発した池永にひけをとらない動きを見せていたし、相手のファンブルボールを確保したDL吉田(関西大倉)の動きもよかった。目立った活躍はなかったが、DBの中では出場時間の長かった池田(高等部)も落ち着いたプレーぶりだった。
 もちろん、この日の試合を率いたのは2年生。最初から最後まで出ずっぱりだったQB畑は、強い雨の中でも落ち着いてプレーし、4本のTDパスを決めた。1年生の時から期待されながら、けがなどで練習が不足し、試合に出る機会が少なかっただけに、JV戦とはいえフル出場し、結果を出したことで、今後一層自信を持ってプレーしてくれるだろう。
 オフェンスでは、立ち上がりにいきなり59ヤードの独走TDを決めたRB尾嶋、同じく5回の攻撃で2本のTDランを含め48ヤードを稼いだRB大石、前半終了間際に30ヤードのTDパスをキャッチした押谷、同じくTDパスをキャッチしたWR岸本らの動きが目に付いた。
 ディフェンスでは、前回のJV戦でも活躍したLBの3人組。すなわち背番号の若い順に高吹、前川、望月の動きが相手を圧倒していた。
 キッカー2人の活躍についても触れなければならない。先発の山崎も、後半になって登場した堀本も、ともに雨の中、ゴムボールにもかかわらず、確実にキックを決め、フィールドゴールを含め、一度の失敗もなかった。集中力を維持し続けた結果だろう。ともすれば大味な試合になりがちな得点差の開いた試合を、キッカー2人が引き締めていたことを書き留めて置きたい。
 こうして名前を連ねていくと、つくづくファイターズの層の厚さが実感できる。彼らが今後、しっかり鍛錬を積み、一人でも二人でもこの日は登場しなかった先発メンバーを追い抜いていくことで、ようやく秋の陣を迎える準備が整うだろう。今後、彼らの練習ぶりを心して眺めていきたい。

<< 2010年7月 >>

MONTUEWEDTHUFRISATSUN
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログテーマ