石井晃のKGファイターズコラム「スタンドから」

<<前へ 次へ>>
rss

(17)充実した時間

投稿日時:2023/12/11(月) 21:02

 今、日本の学生フットボール界において、一番充実した時間を過ごしているのは、東の法政、西の関西学院であろう。双方共に、17日に阪神甲子園球場で開催される甲子園ボウルに向けて懸命に努力し、目的を持った練習に励んでいるからだ。
 今季のファイターズは、関西学生リーグ最終戦で関西大学に敗れた。その結果、先にリーグ戦を終えていた立命館とあわせ、三校がいずれも6勝1敗で優勝を分け合うことになった。試合後の抽選で甲子園ボウルへの出場権を手にしたのがファイターズ。当然、出場権を逃がしたライバルチームの思いも背負って戦わなけれればならない立場にある。
 そういう条件下、師走に入っても関西では唯一、大学王者になるべく「目的を持った時間」を過ごし、「目的を持った練習」に励んでいるのがファイターズである。私の記憶している限りでは、少なくとも5連覇を成し遂げた昨年までのチームは、この期間にさらなる技術を身に付け、新たなパワーを手にして、甲子園ボウルに臨んでいた。とりわけ4年生は毎年、関西リーグで勝ち続けた喜びを一端、棚に上げ、自分たちだけにに与えられた「戦うための時間」を、より有意義に過ごそうと、懸命に取り組んでいた。
 別の言い方をすれば、こうした「特別な時間」を与えられた喜びを力に変え、チームが一致結束して戦ったからこそ、それぞれの年次のチームが賜杯を手にし、5連覇という結果を呼び込んだのだろう。
 さて、今季のチームはどうか。ライバルチームの面々が今季を終了し、来季への準備をしているこの時期に、関西では唯一許された大学王者への挑戦が出来る「特別な時間」を有効に使えているだろうか。関西リーグで見えた欠点や弱点を克服するために、さらなる努力を重ねているだろうか。
 とりわけ4年生にとっては、文字通り今度の試合が最後になる。その試合を悔いなく戦うための準備はできているか。主将や副将だけでなく、それぞれのパートに責任を持つリーダーやプレーヤー。さらにはスタッフも含めて「学生日本一」と呼ばれるにふさわしい行動を重ねているか。
 下級生もまた、4年生を助けてチームの底上げを果たす役割を果たさなければならない。スタッフを含め、チームで活動する全員が懸命に働き、チームの底上げに貢献していかなければならない。
 そういう貴重な期間がこの3週間であり、その間の活動を通じてチームに新たな「伸びしろ」が生まれる。過去、勝ち続けてきたチームは、そういう「ライバルたちが持てない時間」を生かし切ったからこそ5年連続で学生王者の座に着くことができた。僕はそう考えている。
 さて、残すところあと数日。その間に甲子園練習もあるから、自分たちだけが他者の目を気にせず、存分に練習できる時間は限られている。監督やコーチから指摘されるから頑張る、ではなく、自分たちが勝ちたいから、もう一段階上を目指した練習に励む。それが出来るのがファイターズの選手であり、スタッフであるはずだ。
 残された時間は短い。それを有意義に使って準備を進めてもらいたい。それは待ったなし、言い分けなしの時間でもある。

(16)悔しい試合を糧に

投稿日時:2023/11/28(火) 19:59

 26日、吹田市の万博記念競技場で開かれた関西学生アメリカンフットボールの最終戦、関西大との決戦は、16-13で関西大に軍配が上がった。スタンドから応援している限り、両者ともに気力・体力・思考力、そしてチームの結束力の限りを尽くした戦いだと思えたが、そのいずれかで相手がわずかに上回っていたのだろう。相手にとっては歓喜の勝利、ファイターズにとっては悔やんでも悔やみきれぬ結果に終わった。
 ちなみに、ファイターズのホームページにアップされている数字を関学サイドから見てみよう。タッチダウンは1本-2本、PATは1本-1本、フィールドゴールは2本、1本。ファーストダウンを成功させた回数は17回-11回、総獲得ヤードは332ヤード-250ヤード、インターセプトをされた回数は0-1。攻撃時間は関学が31分40秒で関大は16分20秒。
 すべての記録でファイターズが優っているのに、肝心の得点は13-16。
 一体、どういうことだろう。なぜこうした結末を迎えたのだろう。
 13-16で迎えた4Q終盤。相手がフィールドゴールを決めて3点をリードした場面から以降の展開を振り返ってみよう。ファイターズの攻撃はRB澤井の好リターンで自陣37ヤード付近から。まずはエースRB伊丹が立て続けに走ってハーフライン付近まで陣地を進める。次はパスで前進かと思ったところでQB鎌田のキーププレー。これが決まって相手陣に進出。次のプレーはTE安藤へのパス。それも決まってダウン更新。さらにRB澤井が相手陣21ヤードまで走り、フィールドゴールを狙える位置までたどり着く。
 しかし、相手守備陣も必死である。次のパスプレーで起死回生のタックルを決めてQB鎌田の腕の中からボールをはじき出す。こぼれたボールにファイターズのオフェンス陣が食いつき、なんとか攻撃権を維持するが、このプレーで相手の守備陣が一気に燃え上がった。LBやDBが素早い上がりでファイターズのボールキャリアに向かい、陣地を押し戻す。
 残り時間が1分を切って迎えた。第4ダウンの攻撃。相手ゴールは遠く、同点につながるフィールドゴールを決めるには、あまりにもリスクが高い。最後は遠投力のあるQB鎌田から彼が一番信頼するWR鈴木への長いパスしかないという場面。だが、相手もそれを十分に警戒し、二人のDBが連携して守っている。
 さて、勝負はいかに、という場面。期待通りゴール中央付近に走り込んだ鈴木にパスが投じられたが、横合いから飛び込んできた相手DBに阻まれ、敗北が事実上、確定した。
 両チームともに守備陣が見せ場を作り、攻撃陣が一瞬の隙を突いて陣地を進める。互いに譲らぬ戦いだった。しかしながら、すでに立命館との試合に敗れ、失うモノが何もないという状況でこの試合に臨んだ相手と、立命に勝ち、6勝を挙げて優勝を決めていたファイターズの面々との間には、勝敗にこだわる気持ちの持ちようが微妙に違っていたのかもしれない。その微妙な差異が勝負の明暗を分けたのではないか。
 それはこの日、フィールドで戦った選手たち全員が身に染みて感じたことだろう。それこそがチームの財産である。
 勝負事は天の時、地の利、人の和によって決まるという。この日は幸い、試合後の抽選会で海崎主将が当たりくじを引き、甲子園ボウルにつながる試合への出場権を獲得してくれた。
 確かにこの日の敗戦は悔しい。けれども、再度、学生フットボール界の頂点に挑める機会は与えられた。それは「諸君、もっともっと頑張ってみなさい。自分たちの力で新しいページを開きなさい」という勝負の神様からのお告げであろう。
 16-13という結果を胸に刻み、チームに属する全ての人間が協力し、鍛えあって、甲子園ボウル6連覇を目指す。それはファイターズの諸君だけに与えられたチャンスである。このギフトを生かそうではないか。
«前へ 次へ»

<< 2024年4月 >>

MONTUEWEDTHUFRISATSUN
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

ブログテーマ