インフォメーション

ライト・イット・アップ・ブルーキャンペーンに協力します

2014/12/29

 関西学院大学体育会アメリカンフットボール部ファイターズは、「ライト・イット・アップ・ブルー」キャンペーンに協力します。

 毎年4月2日は国連が「世界自閉症啓発デー」と定め、世界各地で様々な取り組みが行われており、日本では4月2日~8日が発達障害啓発週間とされています。そして、この4月2日の世界自閉症啓発デーには、世界各国の人々が手をつなぎ、より多くの方々にオーティズム(自閉症)の理解を呼び掛けるため、「ライト・イット・アップ・ブルー」キャンペーンが行われています。

 2014年には、ニューヨークのエンパイヤステートビルやシドニーオペラハウス、カナダのナイアガラの滝、エジプトのピラミッドなど、136カ国10,000カ所以上の施設等でブルーライトアップが行われ、日本でも35都道府県49の共済団体のもと、100カ所以上でライトアップが行われました。

 2015年のライト・イット・アップ・ブルー(LIUB)の実施に向けて、LIUB Japan 2015実行委員会からの協力要請を受け、弊部として少しばかりではありますが、キャンペーンに協力することになりました。まず、今回のライスボウルでの東京遠征に当たって、「パズルピースピンバッジ」をブレザーに着用する予定です。部員から少しでも理解を深めていくとともに、少しでも活動のPRにつなげることができれば幸いです。

 
<LIGHT IT UP BLUE in JAPAN>
↓↓画像をクリックして実行委員会ページへ↓↓


<パズルピースピンバッジ>