STAFF

◆MANAGER
201401311630_1.jpg 皆さんは運動部のマネージャーと聞くと、「水汲みや掃除などの雑用係」というイメージを持つ人が多いのではないかと思います。しかし、FIGHTERSのマネージャーは、そういったお手伝いさん的な立場とは異なります。もちろん練習中はビデオ撮影やタイムキーパーなどの仕事を行いますが、それら以外に、渉外・渉内、会計、有望新人発掘のリクルート、対戦相手分析のための映像資料を一手に引き受けるビデオ担当など、それぞれのマネージャーが様々な役割を担いチームの目標である「日本一」を達成するために取り組んでいます。
 物事を始めるのに「遅すぎる」ということはありません。4年間という限られた大学生活の中で、皆さんも我々と一緒に日本一を目指して熱い気持ちを共有しませんか?






◆TRAINER

 201401291023_1.jpg
トレーナーは、選手がベストなパフォーマンスを出来るように導くことが最大の使命です。選手がフィールドで生き生きと活躍できるように、怪我人の管理・リハビリやトレーニングの指導などを主な仕事としており、プロのトレーナーの方々とも相談しながら個人、チームを管理しています。
 皆さんの中には「トレーナーは専門知識がいるから難しそう」「雑用ばかりやらされそう」といったイメージを持たれる人がいるかもしれませんが、そんな心配は一切ありません。現在トレーナーとして所属する者のほとんどが高校までスポーツに関わったことの無い者や、実際にスポーツをしていた側の人間です。また、一人一人に重要な役割を得られるチャンスがあるため「雑用ばかりで面白くない」という不満を漏らす者もいません。つまり、やってやろうという強い気持ちさえあれば誰でもトレーナーとして活躍することが出来ます。
 簡単なことばかりではありませんが、その分の苦労が報われたとき、トレーナーにしか得られない何とも言いがたい感動がそこにはあります。
 是非皆さんも私たちと一緒にFIGHTERSで日本一を目指しましょう!


◆ANALYSIS

201402010931_1.jpg アメリカンフットボールは準備のスポーツと言われるほど戦術の占める割合は非常に大きいものです。そしてFIGHTERSにおいて分析スタッフは戦術を専門的に取り扱う組織です。コーチ、選手と共に対戦相手のデータを隅々までチェックし、Game Planを作り上げていきます。また、自分たちの戦略を見直し、弱点が無いかを徹底的に探します。我々分析スタッフの油断は直接試合の勝敗に関係します。
 近年、学生界のアメリカンフットボールの戦術性は、より高度化・複雑化してきています。それに伴い、分析スタッフに求められているレベルも高くなっています。
 昨年の分析スタッフは、分析スタッフ発足以来最大人数となり、チームの目標達成に向けて日々最大限の努力をしています。
 「戦略が難しそう」という不安はあると思いますが、私たちが一から丁寧に指導しますので問題は一切ありません。「共に日本一を目指したい」というやる気だけで充分です。我々と日本一を目指して頑張りましょう。